乾燥しやすい赤ちゃんは保湿が大切!優良ベビーアイテム

喉の渇きは共通

ウォーター

生きていくために必要

人間が生きていくために必要なのは水ですが、それは赤ちゃんも同様です。産まれたばかりの赤ちゃんは母乳やミルクから水分を補給しているので大人のように水という形で摂取しなくても大丈夫だと言われています。しかし暑い時期や湯上りは赤ちゃんも大人のように喉が渇いてしまうので、湯冷ましなどを少量与えることは問題ないと言われています。注意点としては少量で良いということです。あまりにお他の水分を大量に摂取してしまうと、赤ちゃんの成長に必要な母乳やミルクを飲む量が減少してしまい、成長に影響が出てしまいかねません。適量は1日に20〜40mlほどだと言われていますので、母乳やミルクの飲み方、おしっこの量などをよくチェックして量を加減してください。

成長に合わせる

現代は水も多様化しており、蛇口をひねれば出てくる手軽な水素水やミネラルウォーター、ウォーターサーバーなど様々なものがあります。赤ちゃんに適しているのは軟水です。日本は軟水が多いと言われていますが、ミネラル分が多いものはまだ身体が未発達な赤ちゃんは胃腸で成分をきちんと消化できず下痢を引き起こしてしまう可能性が高いため、ミネラル分の低いものを選ぶようにしましょう。添加物やミネラルが気になるようなら、赤ちゃん専用の水が販売されていますのでそれを利用するようにすると良いでしょう。ミネラル分などを気にすることなく赤ちゃんに適した成分に調整されているものなので、忙しいお母さんも手軽に利用することができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加